chibiike(ちびいけ)

1人で親父の在宅介護を10年以上、仕事と両立しながらやっていました 今現在は母親の在宅介護中です

火葬場での流れと在宅介護で亡くなった親父の遺骨を拾ってみるとどんな感じがしたのか?挑戦してみた結果

おはようスパンク('ω')

ちょっち

チャプチェを食べました

yOLls

料理の修行がてら食べ歩きをしていた写真がでてきましたのでアップさせていただき鱒

この時に初めてチャプチェという言葉と味を知ったと思い鱒(笑

こんな食べ物があるんだとびつ栗しました

僕が無知なだけなんですが(笑

食べてみるとめちゃ美味しかった記憶があり鱒

 

今日は以前に在宅介護中の親父を家で看取ってから葬儀場まで記憶がなくならないうちにブログに記録として残しましたがあと火葬場までのことを書いていませんでしたのが書いていき鯛と思い鱒

葬式場で

葬儀が終わると次の日の朝に親父が入った棺桶を霊柩車に乗せる作業を葬儀屋の人がやってくれました

僕は霊柩車の後を親父の在宅介護の為にプチ改造した4駆でつけて走るだけでした

おちゃめおかんは霊柩車の助手席に乗っていました

僕は車の中で親父の10年以上の1人での在宅介護の記憶と思い出がなぜか勝手に走馬灯のように脳裏をかけめぐりました

ここで事故を起こして最期の最期で台無しになると思い車の運転に集中した記憶も蘇ってきました

火葬場につくと

燃やすところに親父は入っていきました

なんか宇宙船に乗り込む感じに僕は思いました

宇宙船に乗り込んだことはないのですが(笑

焼き終わるまでに時間があったのでおちゃめおかんと外にお昼ご飯を食べにいったのですが何を食べたの鴨、味もまったく覚えていません

そこだけの記憶がなんか飛んでい鱒

写真を見直せば思い出すとは思うのですが(笑

遺骨を拾う

葬儀屋さんから購入した遺骨をいれる壺みたいなのに入れる作業を行いました

収骨室の静かな感じが今でも忘れられません

火葬場の人がここがこの骨ですと丁寧に説明してくれたのを覚えてい鱒

拾う骨も指示してくれたのでスムーズにいけました

骨になった状態をみてここが病気だったのも教えてもらえたと思い鱒

親父の骨を拾ってみると悲しい気持ちより心があったかくなった記憶があり鱒

葬儀屋の担当の人とのお別れ

火葬場での時間もあっというまに終わりました

こんなにスムーズにいってもよいのかと逆に不安になりましたが(笑

最初から最後まで葬儀屋さんの女性の担当の人がついてくれていろいろと教えてもらいサポートしていただけたおかげなのは言うまでもないです

母親を僕の車に乗っけて家に帰るときにバックミラーをみると担当の人が頭を下げてくれているのをみて感動しました

家に無事につく

おちゃめおかんを車からおろしすと一言いただきました

病院から葬儀場から火葬場までありがとうと言われました

僕も肩の荷がおりた感じがしました

気がはっていたものが一気になくなった感じがしました

 

その後は10年以上のブランクを取り戻そうと10年間は遊びまくろうとするのですがすぐにパッキャマラド病になり寝たきりなりました(笑

 

今日も誰よりも笑って誰よりも楽しんで誰よりも骨まで燃え尽きるまで人生を全うし鱒

https://chibiike.com/funeral-service

https://chibiike.com/care-for-the-sick-at-home